敏感肌 シミ消し シミ対策

敏感肌でも問題のない刺激がある

敏感肌 シミ消し化粧品

敏感肌や肌トラブルがある時は、いつもの化粧品を使っていても刺激を感じる時があります。

しかし、この刺激を感じても通常の化粧品を使い続けて問題がない刺激があるのをご存じでしょうか。

 

通常、肌のかぶれといわれる接触皮膚炎には3タイプあります。
1.すぐに刺激がおこるもので、じんましんタイプのもの。
2.48時間以内におこる刺激で赤くなったりすることが多いもの。
3.72時間以降におこる刺激でかゆみや湿疹ができるアレルギー性のもの。

 

全てのケースではないにしても、刺激を感じる接触皮膚炎としてはこのような時間経過と感じ方が多いようです。
このような3種類の刺激がある場合は、いつも使っている化粧品とはいえ使うのを控えたほうがよいでしょう。いつも使っているから大丈夫と思ってもアレルギーはおこるもの、使い続けてしまうと肌の状態が悪化することがあるのでしばらく使用は控えましょう。

 

しかし、化粧品を使っていてピリピリとした刺激を感じても、いつもの化粧品を使い続けてもいい刺激があります。
それがスティンギングという症状。化粧品をつけた時に突然ピリピリしたりチクチクとした刺すような刺激を感じるものの痒みなどを感じることなく、症状も数十分以内に治まるようなもの。

 

敏感肌の方は刺激にとても敏感なので、こうした刺激を受けるだけでも化粧品を敬遠しがちになりますが、刺激の原因物質が無いにもかかわらず皮膚細胞が誤った情報を伝達し痛みを感じてしまっている状態なのです。

 

すぐに治まる一時的な刺激を感じた時は、その刺激が毎回起こるものなのかを確認してみてください。もちろん、毎回使用するたびに刺激が起こるのであればその化粧品は見直す必要があります。

 

しかし、今必要な保湿や肌のお手入れをおこたってしまい、さらに肌のバリア機能が失われてしまっては意味がありません。バリア機能を高めるためにも敏感肌用のお手入れは必要なもの。

 

化粧品を使用して刺激を感じても一時的なもので治まる、痒みがない、その後の経過を見ても問題ない、次回使用した時は刺激もなく使えたというときは、いつもの化粧品を使い続けてもよいでしょう。

 

page top