敏感肌 シミ消し シミ対策

シミ消し化粧品に必要な成分

シミ消し化粧品を選ぶ時に、シミケアや美白ケアができる成分が配合されているかどうかをチェックする人は多いでしょう。
しかし、シミに対しての有効成分をチェックして化粧品を選ぶのは不十分なことがあります。

 

では、シミ消し化粧品に必要な他の成分はなにか。
それは保湿成分が入っているかどうかです。

 

そもそもシミができる原因やシミがなかなか消えない原因に、保湿が足りないために肌が敏感になっていたりバリア機能が低下しているといったものがあるからです。
また、年齢が上がるにつれて肌は乾燥しやすく肌機能が低下する傾向にあります。長年シミに悩まされているお肌に蓄積されたメラニンや出来てしまったシミをケアするには、ただシミに対して有効成分が入った化粧品を使うだけではスムーズにメラニンが排出されないのです。

 

敏感肌や乾燥肌、トラブル肌の人にシミが出来やすくシミが消えにくいのは、肌の正常なターンオーバー機能が低下しているから。そして肌のターンオーバーを正常なものにするためには、肌のバリア機能を高めて表皮の角層細胞の生まれ変わりを正常なサイクルにする必要があります。

 

シミに効きそうな成分だけを気にして化粧品を選ぶだけでは、効率よくシミケアはできません。

 

肌が乾燥したり敏感な状態では、シミ消しに効果がないばかりか新しいシミを作ってしまう原因にもなります。
シミ消し化粧品を選ぶ時には、保湿成分が含まれているかにも注意して選ぶとより効果的にシミケアができるでしょう。

 

角層細胞に十分な水分がありハリのある肌、キメも整っているため見た目にも美しいものです。

 

page top